« October 2005 | Main | January 2006 »

December 13, 2005

マシュー・バーニー『拘束のドローイング』展 2005.10.13-2006.1.8 サムソン・リウム美術館




儀式のように互いを切り裂き合う男と女。


2005年度から企画展を始めたサムソン・リウム美術館
2004年度の開館から今までなぜ企画展がなかったかというと、これはサムソンの会長のプライベート・ミュージアムだからである。つまり、個人財産なのである。個人財産で、世界に名だたる建築家であるマリオ・ボッタ、レム・コールハース、ジャン・ヌーヴェルの建築コラボレーションが現実のものとなるのである。

『拘束のドローイング』展は、春のイ・ジュンソプ(李仲燮)の回顧展(5.19-8.28)に続いて、マシュー・バーニーの『クレマスター3』が所蔵されているこのリウムへ、金沢21世紀美術館(7.2-8.25)から巡回してきたものである。




展覧会場外観。


展示内容は、金沢21世紀美術館のものとほぼ同じ。ただ、金沢には作品を解説するマシュー・バーニーの映像を公開していたが、そういう説明だったものは特になかった。
一体、韓国の人びとはこの音が無いが、何か心に迫ってくるような、静寂の恐ろしさを感じるような阿波踊りを、どういう風に受け止めたであろうか。
『拘束のドローイング9』の映像は、レクチャー室にて上映された。これも金沢と同じく、上映時間をあらかじめ決めて上映していた。ただ、プライベートミュージアムゆえに予約しないと入場できないので、金沢のような混雑して訳が分からない!映像も見れない!というような混乱はなかった。ゆったりと映画を鑑賞できる。



 
『拘束のドローイング』より。


金沢での展示を観ておられない方に解説すると、男(マシュー・バーニー)と女(ビョーク)が予感したように、糸で手繰りよせられるように捕鯨船に向かい、そこで陸上動物で作った結婚衣装を作り、着、結婚式を茶室で迎える。茶室で2人きりになった2人は、船内にある十字の入れ物に入ったクジラの脂肪のような物体があふれ出し、茶室を満たせば満たすほどにお互いの欲望をむき出しにする。鹿の角の柄がついたナイフを取り出し、お互いの唇を愛撫しながら、お互いの足を切り取る。そして2人はクジラの脂肪のようなものが浮いた液体の中で水棲動物になってしまう。


ただ、金沢21世紀博物館全体を使ってインスタレーションを行なっていたものを全てそのままレム・コールハース設計のサムソン児童教育カルチャーセンターの建物のみに入れていたので、多少空間的に窮屈に感じた。天井も低い。使える空間は全て使って収めました、という感が強い。
しかも、「児童教育カルチャーセンター」ということで、子どもに向けたマシュー・バーニーの作品解説ブースがちょっと苦し紛れに設置されている。
日本でも「日本文化を曲解しすぎている」と言われ、それが韓国に来、そして一体どうやって子ども達に理解されるというのだろうか。




リウム美術館内に設置されたクジラの降ろし場。


ただこれだけビッグネームをソウルに呼べるようになったという韓国のアート界の状況(最近は本当に欧米人中心のビッグネームの展覧会が多い。奈良美智、マン・レイ、アルフレッド・スティーグリッツ、アンリ・カルティエなどが次々と展覧会を開いている)を鑑みると、外国のアートを引き受ける土壌が出来たこと、世界に韓国のアート市場を相手にしても損はない、という思惑が渦巻いているのがわかる。

果たしてこれからはどんなアーティストがソウルに現れるのだろうか。ソウルがこのままアートの求心力を強め、日本のそれが弱体化する可能性もある。そして韓国のそれがいずれ中国に奪われる可能性も大と言ってさしつかえないだろう。
2006年は特に光州ビエンナーレと釜山ビエンナーレ、さらにソウルのメディア・シティ・ソウルも開かれる国際展目白押しの年である。
韓国からのアーティストの留学先としてはアメリカやドイツに行ったほうがマシ、と言われている日本も、うかうかしていられない。おそらくマシュー・バーニーも、『クレマスター3』が所蔵されているから、という理由だけでサムソン・リウム美術館での個展を決めたのではないはずだろうから。




リウムでのマシュー・バーニー。




写真提供くださったサムソン・リウム美術館に感謝いたします。

Posted by art,seoul at 04:55 PM