« ソン・ボンチェ『忘れてしまった時間、境界』展 2.8-27 ギャラリーサムジー | Main | 『ART SPECTRUM 2006』展 2.16-5.14 サムソンリウム美術館 »

March 26, 2006

チェ・ウォンジュン『UnderGround』展 2.15-3.5 do ART gallery




『Dongmyo station(line No.6)』(『Underground』シリーズより)



チェ・ウォンジュンは1979年生まれの若い作家である。小さな映画アカデミーで映像の勉強はしたことがあるものの美術系の学校で学んだ事はなく、警察機動隊服務時代に写真兵としてカメラを持った。ゆえに、一般人が入ることのできない「現場」に立ち入り、それを写真に切り取ってきた経験を持っている。それが彼に都市の下層に脈打つものへの関心を増大させたのかもしれない。
今回は、除隊してから2年間撮り続けた写真を『Underground』、『Colatheque』、『Texas Project』の3つのシリーズにして今回仁寺洞のdo ART galleryと、景福宮にあるBrain Factoryに分けて展示した。
そのどれもが、ソウルという巨大都市の「アンダーグラウンド」である。




『Seong dong Colatheque』(『Colatheque』シリーズより)



「都市の下層に重なる澱」を美しく切り取る、という点で畠山直哉と重なる部分がある。

『Underground』シリーズはソウルの地下に張り巡らされた「ソウルの動脈」とも言える地下鉄の通路やエスカレーターを写している。それは人間に密着した機能であるにもかかわらず、まるで無機質な工場のようにも見え、冷たい霊安室のようにも見える。
『Colatheque』シリーズは中年男女の集うダンスホールのギラギラしたフロアを写しだす。
『Texas Project』シリーズは、ミアリという売春街の店の中を写している。

すべてに共通していることは、無人であることだ。
しかしながら『Colatheque』シリーズには日常からの飛躍、もしくは逃避を目的に集う人々の欲望の残滓が感じられる。また『Texas Project』シリーズでは、普段男たちを呼び込んでいるだろう売春婦の姿は見えない。しかし彼女らの化粧箱や休むためのクッションは残されていて、気配を残している。さらに、現実にはダンスホールより売春街の方が人々の欲望がむき出しになっていそうなものだが、チェ・ウォンジュンの写真ではそれが逆転している。健全なはずのダンスホールがギラギラと下品に光っているように見えるのに対し、売春街の店内は実に清潔に、そして優しさを含んだ光に包まれているように見える。

しかしどのシリーズにも、都市の下層(アンダーグラウンド)に流れるエネルギー、そしてその虚無を映し出しているというのが共通点だ。




『Walkerhill』(『Texas Project』シリーズより)

ちなみに、2004年に施行された性売買防止法により、ミアリのような売春街は摘発の対象となり、どんどんそのピンク色の灯を消している。チェ・ウォンジュンはピンク色の街が消えた後に同じ場所に建てられた食料品店も写し、元の姿の写真の横に並べて展示している。
しかし、ミアリに注がれていたエネルギーはまだこの街のどこかに存在しているという確信が、写真のエネルギーの強さから感じられる。

今回の展示では『Underground』シリーズはdo ART galleryで、あとのシリーズはBrain Factoryで展示された。
「人間を動かすエネルギー」と「人そのもののエネルギー、もしくはエロス」という分け方をされたのだろう。
そのためか、『Underground』シリーズは非常にマテリアル感が強く感じられる。コンクリート、鉄、ステンレス…それらが銀色に、青色に、冷たく浮かび上がっている。人間を動かしているものが、これほど冷たさを持つものか、と思わされるほどである。ここにも作家の意図が感じられるようだ。




ブレインファクトリーでの展示。



写真を提供くださったdo ART galleryに感謝いたします。

Posted by art,seoul at March 26, 2006 06:01 PM